考える人は、世界に何体あるのか?


世界一有名な彫刻といっても過言ではないロダンの≪考える人≫。

世界文化遺産に登録される見通しの国立西洋美術館(東京・上野)の前庭では、
約180cmの≪考える人≫を無料で見ることができます。

同じ国立西洋美術館では、約70cmの≪考える人≫も所蔵されていて、
こちらは常設展で見ることが可能です。

この≪考える人≫は、世界に21体あるといわれています。
(出典:静岡県立美術館『ロダン館まめちしき』)

001010081 - コピー

しばしば、

「どれが本物?」
「これは、本物ではなくて、レプリカ?」

という疑問を持たれますが、

彫刻の場合、原型となる石膏から、
同じ作品を複数つくることが可能であり、
それらは「オリジナル」と呼ばれます。
「本物」という表現は使われないんですね。

世界には、
「オリジナル」 の≪考える人≫が21体ある

ということになるわけです。

>>コラムの目次に戻る